雑記

Catchyが「使えない」と断じられる件。AIはブログに活かせるのか?

Can't-use-Catchy
hinakira

Catchyが「使えない」と断じられる件について話します。

AIライティングって、どう感じますか?

Catchy以外のAIライティングツールを使ったことがある方は「使えない」と思っていることでしょう。

そもそも使ったことがない方にとっては「AIが書いた文章なんて大したことないんでしょ」と思うことでしょう。

でも、ぶっちゃけると、めちゃんこ使えます。

【Catchy】を無料で使ってみる

Catchyが「使えない」と断じらている?

そうですね。

わりと使えないという印象もあるようです。

でも、みんながみんなそう思っているわけでもなく、むしろプロは使えると見ている方の方が多い印象です。

Catchyが「使えない」ということは全くない

Catchyが使えない!といったことは、全くないです。

これは断言しちゃいます。

使いこなせてないだけやろがーーーー!というツッコミをしちゃいます。

Catchyはそれだけ、すんごいツールなのです。

信じられますか?

たった12分で1300文字の記事ができてしまうこと。

信じられますか?119分で10記事作成できてしまうこと。

Catchyが使えないと後れをとる

正直、Catchyが使えないと周りに後れを取ることになります。

あ、言葉が足りてないですね。

AIライティングを使ってSEO対策をしてくるブロガーに後れを取ります。

仮に横一線の状態なら、あっという間に地平線のかなたへと消え去っていくでしょう。

そうなれば、追いつくのは至難の業です。

Catchyが使えないなら、やるべきこと

とはいえ、高いんです。

Catchyは、ほんと高いんですよ。

だって無制限利用できるのは月7,840円もするのですから。

「いや、そんなの無理んご」

という方もいるでしょう。

そうなった場合、AIが苦手な部分を重視して書くことが打開策となります。

つまり、AIには不可能な「人間らしく、質の高い」記事を作ることです。

逆にいえば、質は置いといて毎日更新!とか無意味になります。

スピードこそ、AIが得意とする分野ですからね。

なので、毎日更新したいならAIを使うべきでしょう。

AIブロガーに勝つなら、「質」を重視するしかありません。

まとめ|「質」はCatchyが使えない人間の強み

まとめます。

Catchyが使えないと、あなたはCatchyを使うライバルに後れを取ります。

ただし、質を極めれば勝てる可能性は十分にあります。

そして、ハイブリッド型が最も強いです。

Catchyについては、「AIがライティング【Catchy】」から試してみて下さいね。

無料で1記事は作れます。

参考記事:Catchy評判レビュー|ブログ記事への活用法も【AIライティング】

ABOUT ME
ヒナキラ
ヒナキラ
ブロガー
孤高の凡人ブロガーこと「ヒナキラ」です。ブログ5つ運営。当サイト含め、3つは趣味&実験。ブログ月収は6桁。Twitterフォロワー数8,800人。ブログを楽しんでいます。
記事URLをコピーしました